品質保証のための取り組み

私たちは、お客様にご安心いただけるように、品質向上に取り組んでいます。焼酎造りには欠かせないさつまいもや米、水などの原料検査から、瓶・パック詰め後の各種検査、そして出荷前には焼酎の官能検査を行うなど、「原料」が「商品」としてお客様の手元に届くまでに、幾重にも安全性や品質を確かめています。また、いただいたお客様の声や生産者からの情報を全社で共有することで、さらなる品質向上に努めています。

霧島酒造では、商品の品質を守り、さらに高めていくために、「原料」が「商品」として
お客様の手元に届くまでの過程において、様々な検査や社内活動を行っています。
人の手で守る、安心 / 安全

1

さつまいも
米の安全

受け入れ検査

受け入れする原料(さつまいも、米)は、産地、品種、色、形、病気や傷の有無をチェックしています。また、残留農薬分析など、定期的に自社分析と外部分析を行い、安全性を確かなものとしています。さらに、栽培履歴などにより原料の安全性を確認することができる体制を整えています。

2

水の安全

工場で使用する水は、定期的に自社検査と外部分析を行い、安全性を二重で確認しています。

3

商品の検査

ブレンダーは、商品の出荷前に焼酎の味・香りが指示したものと違いがないかを確認するため、官能検査を行います。また、関連部署でも各種検査を行い、品質に問題がないことを確認しています。

TOPICS

様々な人と
協力したものづくり

甘藷会議

1

原料となるさつまいもの品質向上につながるよう、毎年「甘藷会議」を実施しています。会議では、仲買会社や生産農家と、各地区の栽培状況などの情報交換や勉強会を行います。霧島酒造の焼酎造りに対する想いを共有し、双方の理解を深める大切な場となっています。

生産農家との情報共有

2

より良いさつまいもを得るために、畑に赴いての収量調査、育成状況や病害虫などの情報収集を生産農家と連携し行っています。さつまいも受け入れ時に傷や病気などがあった場合は、生産農家と注意点を共有し、再発しないための協力体制を構築しています。

社内活動

3

品質向上のための取り組みのなかに、「小集団活動」があります。現場に携わる社員で小集団を作り、検査工程や検品作業の改善のための意見交換を活発に行っています。

体感できる場の提供

4

「焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン」では、本格焼酎の製造工程の工場見学を行っています。観光はもちろん、地域の課外活動にもご利用いただいています。お客様とのコミュニケーションを通して、商品に込めた想いとこだわりを感じていただきたいと考えています。

お客様の声から学ぶ

5

お客様相談室に寄せられる声を全社で共有し、商品の改善や新たなサービスとして活かしています。その一つに、お客様と直接関わりの深い部署を集めた勉強会があります。お客様の声から学び、気づきの場として大切にしています。