霧島酒造トップ > 霧島酒造の想い> おいしい飲み方

おいしい飲み方

焼酎のおいしい飲み方をご紹介します。
同じ銘柄であっても、割り方によって多彩な味わいをお楽しみいただけます。
お好みの飲み方で、最高の1杯をご堪能ください。

ロックのおいしい飲み方

  1. その1まずはじめに、ミネラルウォーター等でおいしい氷を作り、かち割り氷をご準備ください。
  2. その2グラスに氷を山盛りに入れ、七分目まで焼酎を注ぎます。
  3. その3右に3回、左に1回、氷を溶かすようにゆっくり混ぜてください。
  1. その4再び氷をいっぱい入れます。
  2. その5再び焼酎を注いでください。
  3. その6グラスの表面に水滴が現れたら飲み頃です。
point

常温の焼酎を氷に注ぐと、思った以上に氷が溶けるものです。グラスに氷を山盛りに入れることで、一口目から最後まで、冷えた状態のおいしい焼酎を味わうことができます。

ページの先頭へ

水割りのおいしい飲み方

  1. その1まずはじめに、ミネラルウォーター等でおいしい氷を作り、かち割り氷をご準備ください。
  2. その2グラスに氷を山盛りに入れ、お好みの量の焼酎を注ぎます。
  3. その3右に3回、左に1回、氷を溶かすようにゆっくり混ぜてください。
  1. その4再び氷をグラスいっぱいに入れ、冷たいミネラルウォーターを注ぎます。
  2. その5軽く2~3回混ぜてください。
  3. その6グラスの表面に水滴が現れたら飲み頃です。
point

アルコールの方が水より比重が小さいため、先に焼酎を入れた方が混ざりやすいとされています。
またアルコール度数によっても味わいが変化するため、割合を調節しながらお楽しみください。

ページの先頭へ

お湯割りのおいしい飲み方

  1. まずはじめに、グラスにお湯を注ぎましょう。
  2. そして後から、ゆっくり焼酎を注ぎます。
  1. お好みに合わせて、焼酎とお湯の割合でアルコール度数を調整してください。
point

焼酎はお湯よりも温度が低いため、後から焼酎を注ぐことでグラスの底まで届き、じっくりと混ざり合います。また、人間の舌は人肌よりやや高い温度であまみを強く感じるそうです。高めの温度でお湯割りをつくり、少し冷めた頃に飲むといっそうおいしくいただけます。

ページの先頭へ

炭酸割りのおいしい飲み方

  1. その1まずはじめに、ミネラルウォーター等でおいしい氷を作り、かち割り氷をご準備ください。
  2. その2グラスに氷を山盛りに入れ、三分目まで焼酎を注ぎます。
  3. その3右に3回、左に1回、氷を溶かすようにゆっくり混ぜてください。
  1. その4冷たい炭酸水をゆっくり注ぎます。
  2. その5炭酸が抜けないように、そ~っと1回だけ混ぜてください。
  3. その6グラスの表面に水滴が現れたら飲み頃です。
point

強炭酸水を使用することで、本格焼酎のもつ香りが立ちやすくなります。炭酸が抜けないよう、氷を伝うようにそっと炭酸水を注いで混ぜることもポイントです。

ページの先頭へ