チャーガ酒 「黒宝霧島」

ロシアで「森の黒ダイヤ」と呼ばれる「チャーガ」と、霧島の自然が生んだ本格芋焼酎「黒霧島」。自然の宝がひとつになって「黒宝霧島」が生まれました。
黒霧島本来の甘みとともに、チャーガ由来の際立つ甘さとコク、そして癒しを感じさせる香りがお楽しみいただけます。また、アガベシロップ、発酵黒はちみつをプラスすることで、より深みのある味わいに仕上がりました。
グラスに氷と黒宝霧島を注ぐと漆黒の液体がゆらゆらと琥珀色に移り変わります。漆黒に輝く黒宝霧島を味わうひととき、人生が輝くほど楽しいものとなりますように。

商品名 チャーガ酒 「黒宝霧島」
アルコール度数 25度
商品分類 スピリッツ
原材料 本格焼酎、有機ブルーアガベシロップ、濃縮チャーガ、発酵はちみつ
※濃縮チャーガとはチャーガ抽出液をさらに濃縮したものです。
チャーガ酒
「黒宝霧島」
内容量:
900ml
希望小売価格:
2,315円(税抜)
アルコール度数:
25度

商品のご紹介

チャーガは古くから自然の健康素材として愛されてきました

チャーガと他の食品の活性力の比較(霧島酒造調べ)

ロシア・シベリアが誇る世界で最も深い湖「バイカル湖」。このバイカル湖を囲む白樺の森の中に「黒いダイヤ」と呼ばれるキノコ「チャーガ」が生息しています。
チャーガは「見つかる確率は白樺2万本に1本」とも言われるほど希少価値が極めて高く、また、白樺に寄生し、ついには枯らしてしまうほどの強い生命力を持っています。
ロシアでは古くから極寒のタイガ(シベリア地方の針葉樹林)で暮らす人々の健康のために利用されてきました。

どこまでも続く白樺の森
森の黒ダイヤ「チャーガ」

個性豊かな自然素材

まろやかな甘みが魅力のアガベシロップ 発酵による酸味が特徴の発酵黒はちみつ

理想的な甘味料として注目される「アガベシロップ」、蜂蜜を酢酸菌により発酵することでさわやかな酸味が加わった「発酵黒はちみつ」。これらの個性豊かな自然素材をプラスすることで、より深みのある味わいに仕上がりました。

チャーガと黒霧島から生まれた漆黒に輝く「黒宝霧島」。

ロシアの森の黒ダイヤ・チャーガ。
霧島裂罅水と黄金千貫から生まれた黒霧島。
自然の宝がひとつになって「黒宝霧島」が生まれました。黒霧島本来の甘みとともに、チャーガ由来の際立つ甘さとコク、そして癒しを感じさせる香りがお楽しみいただけます。また、アガベシロップ、発酵黒はちみつをプラスすることで、より深みのある味わいに仕上がりました。
ラベルに刻印した「輝楽仁寿(キラクジンジュ)」には、「味わうひと時、人生が輝くほど楽しいものとなりますように」との想いも込めました。
漆黒に輝く黒宝霧島で、今日と未来を明るく照らしてください。

ラベルに刻印した「輝楽仁寿」。

うまい飲み方

金霧島&黒宝霧島の「1・2・3ゴールドブレンド」

金霧島と黒宝霧島を併せて飲む「1・2・3ゴールドブレンド」がおすすめです。基本の割合は、黒宝霧島が1に対して、金霧島が2、お湯または氷が3になります。

お湯割りでつくる場合

上記の割合に沿って、グラスにお湯、黒宝霧島、金霧島の順に注いでください。

ロックでつくる場合

上記の割合に沿って、氷、黒宝霧島、金霧島の順に注ぎます。グラスに全て注いだら、以下の順番にマドラーでグラスを回してください。

  1. 1:「時計回りに7回」
  2. 2:「反時計回りに5回」
  3. 3:「時計回りに3回」
  4. 4:「反時計回りに1回」

ゆっくり順序よくグラスを回したら、静かにマドラーを抜いてできあがりです。

うまいもので飲む

九州の味とともに

九州は、その自然や歴史から生まれた数多くの郷土料理が存在する食文化の宝庫です。
九州各地に伝わる味をもう一度見つめ直し、紹介していきたいという思いから始まりました。

九州の味とともに

うまいものはうまい。

宮崎に伝わる"うまいもの"と"焼酎"との出会いにスポットを当てた文化発信活動です。
宮崎の地元でとれた豊かな食材を、生産者のメッセージと共にお伝えします。

うまいものはうまい。