冬虫夏草酒 「金霧島」

古来より健康に役立つと珍重されてきた冬虫夏草と、霧島酒造の本格焼酎「黒霧島」が出会いました。
冬虫夏草由来の深いコクとマイルドでやわらかい口当たりが特徴です。
2007年の発売以来、「霧島通販蔵」で不動の人気NO.1健麗酒。飲んで美味しく、カラダにもうれしく、何より美しく映える黄金色が他にはない幸せな時間を届けてくれます。

商品名 冬虫夏草酒 「金霧島」
アルコール度数 25度
商品分類 スピリッツ
原材料 本格焼酎(黒霧島)、冬虫夏草
冬虫夏草酒
「金霧島」
内容量:
900ml
希望小売価格:
2,778円(税抜)
アルコール度数:
25度

商品のご紹介

黒霧島と冬虫夏草の幸福な出会い

金霧島は、黒霧島と「冬虫夏草(とうちゅうかそう)」という健康素材を融合させて誕生しました。「冬は虫、夏は草」という不思議な生態から名づけられた冬虫夏草は、世界でも大変珍しいキノコの一種で、古来より健康に役立つものとして珍重されてきました。
霧島酒造は、冬虫夏草が秘める力に注目し、世界中を調査した結果、冬虫夏草の世界的権威である韓国有数の国立大学である江原大学の成教授と出会いました。成教授は、20年以上にわたる冬虫夏草研究により、かつては不可能とされてきた冬虫夏草の人工培養に成功。現在では、最新の技術を用い、玄米による冬虫夏草の人工培養・量産が可能になっています。
霧島酒造と江原大学の共同開発により、成教授が最も注目している冬虫夏草と、本格焼酎「黒霧島」との出会いが金霧島を生み出しました。

冬虫夏草研究の第1人者、成教授。
人工培養された冬虫夏草の子実体

ラベルに込めた想い。 天女の舞の健麗酒

「吉禄優舞」の印と、優美に空を舞う天女が描かれています。金霧島を飲むことで、心も体も麗しく天を舞うような気持ちになって欲しいという願いを込めて、このラベルをつくりました。
美味しく飲みながら、毎日がすこやかになりますように。華麗な黄金色に輝く金霧島で、心と体の幸せを存分にご堪能ください。

幸せを願う「吉禄優舞」の印

うまい飲み方

金霧島&黒宝霧島の「1・2・3ゴールドブレンド」

金霧島と黒宝霧島を併せて飲む「1・2・3ゴールドブレンド」がおすすめです。基本の割合は、黒宝霧島が1に対して、金霧島が2、お湯または氷が3になります。

お湯割りでつくる場合

上記の割合に沿って、グラスにお湯、黒宝霧島、金霧島の順に注いでください。

ロックでつくる場合

上記の割合に沿って、氷、黒宝霧島、金霧島の順に注ぎます。グラスに全て注いだら、以下の順番にマドラーでグラスを回してください。

  1. 1:「時計回りに7回」
  2. 2:「反時計回りに5回」
  3. 3:「時計回りに3回」
  4. 4:「反時計回りに1回」

ゆっくり順序よくグラスを回したら、静かにマドラーを抜いてできあがりです。

うまいもので飲む

九州の味とともに

九州は、その自然や歴史から生まれた数多くの郷土料理が存在する食文化の宝庫です。
九州各地に伝わる味をもう一度見つめ直し、紹介していきたいという思いから始まりました。

九州の味とともに

うまいものはうまい。

宮崎に伝わる"うまいもの"と"焼酎"との出会いにスポットを当てた文化発信活動です。
宮崎の地元でとれた豊かな食材を、生産者のメッセージと共にお伝えします。

うまいものはうまい。