霧島「志比田工場原酒」

都城市、志比田町にある志比田工場は、90年を越える伝統と最新鋭の設備が融合した工場です。その工場で原料となる南九州産のさつまいも「黄金千貫」と、仕込水に霧島山麓の地下水「霧島裂罅水」を使用し、発酵、そして最後に磨き上げるように蒸留したのが『霧島 「志比田工場原酒」』です。
36度というアルコール度数が信じられないほど、その味わいはまろやかで、割水を全く行わない原酒ならではの甘味、コクがあります。氷の結晶のようなインプロフロストのおしゃれなボトルです。

商品名 霧島「志比田工場原酒」
アルコール度数 36度
商品分類 本格芋焼酎
原材料 さつまいも、米こうじ
蒸留法 単式蒸留

本格焼酎の原料産地について

霧島
「志比田工場原酒」
内容量:
720ml
希望小売価格:
1,620円(税抜)
アルコール度数:
36度

商品のご紹介

贈り物にもぴったりの高貴なボトルデザイン

高級感あふれるデザインから、おみやげや引き出物にも使っていただいています。また特別な日の贈り物として女性の方にも好評です。

霧島「志比田工場原酒」は、「黄金千貫」と「霧島裂罅水」というふたつの宝によって生まれました。

霧島酒造は、宮崎県・都城市で本格焼酎を造り続けています。
霧島「志比田工場原酒」の原料は、南九州の広大な芋畑で栽培したサツマイモ・黄金千貫。そして仕込み水や割り水に使っているのが、南九州・都城盆地の地下約100mにある巨大な水がめから湧き出る「霧島裂罅水」。適度にミネラルと炭酸ガスを含み、焼酎づくりの大敵である鉄分をほとんど含まず、酵母菌の発酵に最適な育成条件を備えています。
霧島「志比田工場原酒」は、この「霧島裂罅水」と「黄金千貫」というふたつの宝によって生まれました。

霧島連山を臨むサツマイモ畑
清冽な天然水 「霧島裂罅水」
南九州の大地が育んだ 「黄金千貫」

うまい飲み方

霧島「志比田工場原酒」のおすすめの飲み方はストレート

オンザロック、お湯割りでおいしくいただけますが、できればストレートで原酒の味をお楽しみください。

うまいもので飲む

九州の味とともに

九州は、その自然や歴史から生まれた数多くの郷土料理が存在する食文化の宝庫です。
九州各地に伝わる味をもう一度見つめ直し、紹介していきたいという思いから始まりました。

九州の味とともに

うまいものはうまい。

宮崎に伝わる"うまいもの"と"焼酎"との出会いにスポットを当てた文化発信活動です。
宮崎の地元でとれた豊かな食材を、生産者のメッセージと共にお伝えします。

うまいものはうまい。