宮崎市の佐土原ナス | 霧島酒造株式会社

霧島酒造トップ > うまいもの情報 > 地どれまごころいただきます:宮崎市の佐土原ナス

うまいものはうまい。

うまいものはうまい。トップへ

宮崎市の佐土原ナス

地域の作物復活「佐土原ナス」

自慢の立派なナス達です。   日向灘に面し農産物も豊富な宮崎市佐土原町。ここで宮崎市佐土原ナス研究会の皆さんが佐土原ナスを生産しています。
  その土地で栽培し食される、地産地消の代名詞とも言える地域作物。その一つとして佐土原ナスは、なめらかな食味で愛され、栽培されていました。しかし、形や大きさが不揃いで低収量のため、次第に店頭から姿を消し「幻の野菜」となってしまったのです。そんな折、地元産のおいしいナスの復活を願った会長の外山さんが6年前生産を再開。現在は研究会を設立し勉強会を開いたり、毎年優秀株を選抜したり、熱心に生産活動を行っています。「苦労はあるが、このおいしさを地元の皆様へ。地域作物という特性を大切にしていきたい。」と話す外山さん。注目の野菜が、地域に根ざす伝統野菜へと再び歩み出したのです。
  佐土原ナスは色艶がよく、赤みがかっているのが特徴です。焼いたナスは皮を剥きやすく、プルンとみずみずしい肉質は口の中でとろけていきます。ふわっと広がるナスの甘みと心地よい舌触りが格別です。宮崎市の「佐土原ナス」は地域のおいしさと誇りが込められたうまいもの。
  霧島酒造は、心からのいただきますの気持ちを持って、「うまいもの」と焼酎との出逢いを大切にしていきたいと思います。

宮崎市佐土原ナス研究会のみなさん
宮崎市佐土原ナス研究会では、現在10戸の生産者で結成されています。伝統的な美味をぜひ食べてみてください!

問い合わせ 
宮崎市佐土原ナス研究会
大田原まで
TEL.0985-39-2788

ページの先頭へ