虎斑霧島

虎斑霧島

清酒の製造に用いられている「黄麹」、霧島酒造創業者の江夏吉助が極めたルーツの「黒麹」。虎斑霧島はこの「黄麹」と「黒麹」の奇跡のコラボレーションにより誕生しました。
がるっとしたキレのあるナチュラルな苦みに、ふわっと広がる華やかな香りと甘みが特徴。まるで日本茶のように、苦みが甘みを引き立たせ、複雑ながらもなめらかに絡み合う旨さは格別です。

商品名 虎斑霧島(とらふきりしま)
アルコール度数 25度
商品分類 本格芋焼酎
原材料 さつまいも、米こうじ
蒸留法 単式蒸留
  • ※「虎斑霧島」は、本州エリア先行発売です。
  • ※出荷日程については、事前にホームページでご案内いたします。
  • ※酒販店様によって、店頭での発売日が異なる場合がございます。
  • ※「虎斑霧島」は、数量限定の商品でございます。その為、弊社では酒販店様のご紹介ならびに、直接販売は行っていません。
    ご不便をお掛け致しますが、あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

本格焼酎の原料産地について

虎斑霧島
内容量:
900ml
希望小売価格:
1,175円(税抜)
アルコール度数:
25度

商品のご紹介

黄と黒、ふたつの麹の力を融合。新たな味と香りの誕生です。

清酒の醸造に用いられる「黄麹」と、黒霧島の醸造にも用いられているルーツの「黒麹」を掛け合わせ、霧島酒造独自の三段仕込みで丹念に醸し出した虎斑霧島。伝統の技と最新の研究を融合し造り上げた本格焼酎が、歴史に新たな息吹を吹き込みます。

黄麹
黒麹

それは「風黄黒源」の味わい。水割りでいっそう美味しく。

ルーツの黒麹はキレやなめらかさを支え、華やかに香る黄麹はすっきりとした風のような余韻を醸します。この特徴を「風黄黒源」の四文字に込め、ラベルに刻印しました。

風黄黒源

うまい飲み方

虎斑霧島のおすすめの飲み方は水割り

虎斑霧島は、黄麹と黒麹のコラボレーションによるナチュラルな苦みに、ふわっと広がる華やかな香りと甘みが特徴。複雑ながらもなめらかな味わいが楽しめる、水割りがおすすめです。

味わいチャート

※この味わいチャートは、白霧島・黒霧島・赤霧島・茜霧島・虎斑霧島(25度)を比較したものです。

うまいもので飲む

九州の味とともに

九州は、その自然や歴史から生まれた数多くの郷土料理が存在する食文化の宝庫です。
九州各地に伝わる味をもう一度見つめ直し、紹介していきたいという思いから始まりました。

九州の味とともに

うまいものはうまい。

宮崎に伝わる"うまいもの"と"焼酎"との出会いにスポットを当てた文化発信活動です。
宮崎の地元でとれた豊かな食材を、生産者のメッセージと共にお伝えします。

うまいものはうまい。