霧島酒造トップ > 霧島酒造の商品:健麗酒:アスタキサンチン酒 「Ax霧島」

アスタキサンチン酒 「Ax霧島」

Ax霧島の最大の魅力は、なんといっても、この美しいルビーレッド。
これはいま話題のアスタキサンチンの色で、β-カロテンやリコピンと同じ仲間の天然色素です。
氷を入れると赤の色彩が微妙に表情を変えその美しさがグラスの中でより一層鮮やかに、艶やかに変化します。
原酒である「黒霧島」が持つ、本格焼酎ならではのしっかりとした味わいに、アスタキサンチン由来のマイルドな風味と、アガベシロップ、ダージリンティー、ローズヒップという個性豊かな自然素材による深みのある香りと味わいが特徴です。

商品名 アスタキサンチン酒 「Ax霧島」
アルコール度数 25度
商品分類 スピリッツ
原材料 本格焼酎、有機ブルーアガベシロップ、ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含む)、 紅茶香料、ローズヒップエキス
「Ax霧島」のご購入はこちら 霧島通販蔵

25度

アスタキサンチン酒「Ax霧島」

  • アスタキサンチン酒「Ax霧島」
  • 内容量
    : 900ml
    希望小売価格
    : 2,315円(税抜)

商品のご紹介

注目の天然色素、アスタキサンチン

アスタキサンチンは、β‐カロテンやリコピンなどと同じ仲間の色素の一種で、生き物の様々な部位を保護するために、取り入れられていると考えられています。
例えばエビやカニは殻(表皮)を強くするため、サケやマスは体(筋肉)を動かすため、イクラは卵を孵化させるため。長年の研究によってアスタキサンチンは、コエンザイムQ10や、緑茶カテキンよりも強い抗酸化力を持っていることがわかり、健康食品や化粧品などさまざまな業界がアスタキサンチンの商品開発に取り組んでいます。

スウェーデンにあるアスタリールAB社のアスタキサンチンタンク培養。
孵化に必要なアスタキサンチンの力
「一重項酸素」とは、紫外線を浴びた時に肌で発生する活性酸素の一種です。このグラフは、アスタキサンチンと各種抗酸化物質(コエンザイムQ10など)における一重項酸素除去能力の目安を比較しています。出典元:西田 康宏ら、カロテノイドサイエンスvol.11(2007)より

個性豊かな自然素材

理想的な甘味料として注目される「アガベシロップ」、その香りから紅茶のシャンパンとも呼ばれる「ダージリンティー」、レモン果汁の約10倍のビタミンCが含まれる「ローズヒップ」。これらの個性豊かな自然素材をプラスすることで、より深みのある香りと味わいに仕上げました。

南九州の風土が培った本格焼酎が原点

南九州・宮崎県都城市。霧島連山の麓に位置するこの地で生まれ育った、本格焼酎「霧島」と黒麹仕込みの「黒霧島」。霧島山から湧き出す「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」と、南九州の自然が育んださつまいも「黄金千貫(こがねせんがん)」を使った味わい豊かな焼酎です。
この本格焼酎「黒霧島」をベースに、優れた機能性を持つアスタキサンチンを取り入れて誕生したのが、アスタキサンチン酒 「Ax霧島」。目指したのは、健康に気を遣いながら、美味しく楽しめるお酒です。

本格焼酎に適した天然水の「霧島裂罅水」
さつまいもの「黄金千貫」から黒霧島は生まれる
霧島連山を望むサツマイモ畑

見て、 味わって楽しむ。  新しい魅力の 「Ax霧島」 。

アスタキサンチン酒 「Ax霧島」の魅力のひとつは、この美しい色合いです。アスタキサンチンによる自然がつくりだした色の効果で、「見て楽しい」という新たな魅力が生まれました。
氷が入ったロックグラスに「Ax霧島」を注げば、いろんな表情を見せ、その美しさはより一層際立ちます。味わいもアスタキサンチンによるマイルドな風味に加え、アガベシロップ、ダージリンティー、ローズヒップという個性豊かな自然素材による深みのある香りと味わいに仕上がりました。まずは、見て楽しみ、そして味わって楽しめる。それがアスタキサンチン酒 「Ax霧島」なのです。

「美味しい」から「しあわせ」へ。霧島酒造公式通販サイト「霧島通販蔵」

うまいもので飲む

  • 九州の味とともに 夏
  • うまいものはうまい。

ページの先頭へ