霧島酒造トップ > うまいもの情報 > 地どれまごころいただきます:串間の水田ごぼう

うまいものはうまい。

うまいものはうまい。トップへ

串間の水田ごぼう

白肌がまぶしい「水田ごぼう」

今年も良質のごぼうができました。   日向灘からそよぐ海風が心地よい串間市。ここでは今が旬の新ごぼうの一つ、水田ごぼうが収穫されています。
  水田ごぼうとは、その名の通り稲作を行う水田を利用したごぼうです。かつて、春から秋にかけて米を作る田んぼは、秋から冬にかけては休んでいました。そこで、その間に何かできないかと模索したところ、行き着いたのがごぼうでした。「ごぼうは掘ってみるまで形が分からないから、収穫作業は楽しいですよ」と生産者の時任さん。足腰を使う収穫作業もさることながら、水洗いの作業もまた大変なものです。収穫後、乾燥防止とアク抜きのためにすぐに水に浸します。粗く機械洗いで土を落とした後、一本一本手作業で洗うと、ごぼうがだんだんと白く変身していきます。
  一手間かけた水田ごぼうは、調理の際にアク抜きの必要が無く、手間がかからないのが魅力です。生産者のおすすめ料理はごぼう南蛮。一口噛むと、まずはその柔らかさに驚きます。そして、噛めば噛むほど香味がじんわりと広がり、お酢の酸味でより絶妙な旨さ。思わずまた箸をのばしたくなります。串間の「水田ごぼう」は、愛情を込めた手仕上げが生んだうまいもの。
  霧島酒造は、心からのいただきますの気持ちを持って、「うまいもの」と焼酎の出逢いを大切にしていきたいと思います。

生産者のみなさん
おいしいごぼうを届けるために日々丹精込めて頑張っています。食物繊維たっぷりで、やわらかい水田ごぼうを是非どうぞ!

問い合わせ
TEL.0987-23-5094

ページの先頭へ