霧島酒造トップ > うまいもの情報 > 地どれまごころいただきます:門川町のヒラメ

うまいものはうまい。

うまいものはうまい。トップへ

門川町のヒラメ

漁師の情熱の結晶「ヒラメ」

活きの良いヒラメが獲れました。   日豊海岸国定公園の南部に位置し、カンムリウミスズメなど貴重な野鳥が生息する門川町。ここでは日の昇らないうちから、巨大な網を積み込んだ船がヒラメなど多くの魚を求めて出港していきます。
  ヒラメは2月から産卵期に入るため今が最高にうまい時期。門川町尾末港を夜中に出港した船は5km程沖合いで底曳網やたて網を使い、漁を行います。漁師の黒田さんは「ヒラメを多くの消費者に食べていただきたい。」とおっしゃいます。そのため海底の清掃など漁場の保護や、稚魚の放流にも力を入れているとのこと。漁師さんの日々の努力の積み重ねが、宮崎の食卓を支えていることに改めて感心させられます。
  新鮮なヒラメは、その食感を楽しめる刺身でどうぞ。ヒラメの皮の色とは対照的な、白く透き通った身の美しさに目を奪われます。獲れたてのヒラメは身が締まっていて、コリコリした歯ごたえがたまりません。さらに「しめてから数時間おくと甘みが増します。」と黒田さん。端麗な味わいの中にも上品な甘みを感じることができます。門川のヒラメは漁師の弛まぬ努力が生んだうまいもの。
  霧島酒造は、心からのいただきますの気持ちを持って、「うまいもの」と焼酎の出逢いを大切にしていきたいと思います。

門川漁業協同組合のみなさん
門川町の尾末港では毎日新鮮なお魚が水揚げされています。港の中にはレストランもあり水揚げされたばかりのお魚を食べることもできます。門川の海の幸を食べにきてください。

問い合わせ
門川漁業協同組合
TEL.0982-63-2123

ページの先頭へ