霧島酒造トップ > 会社情報:企業沿革

企業沿革

  • 1916年〜
  • 1990年〜
  • 2000年〜
  • 2010年〜

【1916年〜】

1916年5月
(大正5年5月)
宮崎県都城市川東にて、創業者 江夏吉助が前身の「川東江夏商店」で
本格焼酎の製造開始
1933年8月
(昭和8年8月)
「霧島」を商標として特許庁に登録
1949年5月
(昭和24年5月)
「霧島酒造株式会社」に改組
江夏順吉、二代目社長就任
1955年11月
(昭和30年11月)
「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」を掘り当てることに成功
1957年
(昭和32年)
二代目社長 江夏順吉、九州旧式焼酎協議会(熊本県人吉市)にて、
焼酎乙類の「本格焼酎」表示を提案
1963年9月
(昭和38年9月)
新工場が落成 機械合理化された生産能力1万石の工場となる
1965年11月
(昭和40年11月)
本社社屋落成
1967年9月
(昭和42年9月)
工場の生産能力を2万石に増強
1970年9月
(昭和45年9月)
芋焼酎の原料芋に黄金千貫を本格的に導入
1971年9月
(昭和46年9月)
販売量の増加に伴い、工場を生産能力4万石に増強
本格焼酎だけの単一工場としては当時日本一の規模となる
1982年3月
(昭和57年3月)
霧島山麓に「霧島自然農園」を開設
1983年5月
(昭和58年5月)
東京支店開設
1985年3月
(昭和60年3月)
大阪支店開設
1986年10月
(昭和61年10月)
志比田工場落成(生産能力2万石)  業界に先駆け当時最新鋭の設備を導入
1988年4月
(昭和63年4月)
福岡支店開設

ページの先頭へ