九州の味とともに 秋

佐賀 シシリアンライス

まかない料理から生まれた
ごはん×生野菜×牛肉のワンプレート

基本形は、あたたかいごはんの上に冷たい生野菜と甘辛く炒めた牛肉をのせてマヨネーズをかけたもの。口の中で溶け合う味わいに加えて、素材それぞれが持つ食感・温度の違いを楽しむことができる。飲食店のまかない料理として生まれ、1975年(昭和50年)頃に佐賀市の喫茶店で『シシリアンライス』として提供されるようになったと言われている。2009年(平成21年)に開催された『第1回九州B-1グランプリ』でシルバーグランプリを受賞したことをきっかけに、佐賀市外にも広く知られるようになった。

現在、佐賀市内では40軒以上の店で食べることができ、喫茶店をはじめ居酒屋や焼鳥屋などでも提供されている。野菜の種類や牛肉の味付けを工夫したもの、鶏肉やイノシシ肉を使ったものなどバリエーションも増えた。家庭で作られたり給食に出されるなど広く親しまれ、佐賀のご当地グルメとして街おこしにも利用されている。

名前の由来は、“野菜の緑、ごはんの白、トマトの赤という色味がイタリア国旗に似ていたから”という説や、“1972年(昭和47年)に公開されヒットしていた映画『ゴッドファーザー』のロケ地『シチリア島』から名付けられた”といった説があるが、定かではない。

■『シシリアンライス』で佐賀を元気に!!

『シシリアンライス』で佐賀の街おこしに取り組むボランティア団体『佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ』(通称シシこむ)。代表の中島丈晴さんにお話をうかがった。

続きを読む
『シシこむ』のイメージカラーである緑色のTシャツを着て熱く語る中島さん

●『シシリアンライス』とは
「『シシリアンライス』は、初めはまかない料理として生まれ、1975年(昭和50年)くらいから佐賀の喫茶店でワンプレートメニューとして始まったようです。基本の形は、あたたかいごはんの上に生野菜と甘辛く炒めた牛肉をのせてマヨネーズをかけるというものですね。名前の由来は、まかないを作っていた人がマフィア映画好きで、映画『ゴッドファーザー』の舞台がシチリア島だったということでそこから名付けたとか、料理の色合いがイタリアの国旗の色合いに似ているからといった説がありますが、はっきりはしていません。ちなみに『シシリアンライス』は野菜をたっぷり使いますから、私たち『シシこむ』のイメージカラーも緑です。現在、市内で『シシリアンライス』を提供しているのは50軒ほど。居酒屋などでも出しています。まだ全種類を食べれてはいないのですが、三瀬鶏とブルーベリーソースを使ったものや、焼鳥屋さんで丼の中にごはんと鶏のスープを入れたものなど、おもしろいものもあるんですよ」。

●『シシこむ』の歩み
「2009年(平成21年)、観光協会の方々が、佐賀市のご当地グルメとして『シシリアンライス』の普及活動を始めました。そして、その年に開催された『第1回九州B-1グランプリ』でシルバーグランプリ賞を受賞したのです。私は当時から『佐賀インタナショナルバルーンフェスタ』の裏方をやっており、地域を盛り上げるのが好きだったんです(笑)。それで初めは仲間たちと観光協会のボランティアとして活動していました。その後、2011年(平成23年)に『佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ』を設立し、どうやったら『シシリアンライス』のことを多くの方に知っていただき、街おこしにつながるかを考えながら活動を続けています。2012年(平成24年)4月4日には『シシリアン王国』を立ち上げました(笑)。佐賀市長に初代国王に就任していただき、マスコミにも多くとりあげていただきましたよ。さらに同年には北九州市で行なわれた『B-1グランプリ』に出展。佐賀の方はもちろん、全国的にも広く知られるようになりました。高校生3人1組で出場を募集した『シシリアンライス甲子園』もこれまで3回開催しています。給食で『シシリアンライス』が出されることもありますね。佐賀市内を流れる松原川に住んでいるというカッパをモチーフにした『シシリアンナちゃん』というゆるキャラもいるんですよ(笑)」。

●今後の取り組み
「『シシリアンライス』が佐賀を盛上げる1つのきっかけになればと思っています。みなさんに知ってもらうことで、佐賀のご当地グルメとなり、みんなが好きなみんなが食べる料理となり、佐賀の食文化の一つになっていく…料理を入口として、佐賀の方が“佐賀に生まれてよかった”という郷土愛を持っていただけるようになるといいですね。佐賀は農業県で、すばらしい農産物がたくさんあります。そのことも含め、野菜をたっぷり使った『シシリアンライス』を佐賀市外の方々にも広く知らせたい、伝えたいと思っています。けれど、私たちは、まずは楽しそうなことをやっているという感じを出すことが大切なのではないかと考えています(笑)。食はいつも祭りのそばにあるものですしね(笑)」。

閉じる

「シシリアンライス」、三様。

三人の料理人が語る、それぞれのこだわりとは

この料理の"味のキーワード"
牛肉

細切りにした牛肉を甘辛く炒める。ローストビーフを使ったり、牛肉の代わりに鶏肉やイノシシ肉が使われる場合もある

野菜

レタスやキャベツなど葉もの野菜とトマトがよく使われる。佐賀県産の旬の野菜が使われていることが多い

作り方

あたたかいごはんの上に生野菜、炒めた牛肉をのせてマヨネーズをかけるのが基本だが、野菜にドレッシングをふりかけたりもする

あなたが「この料理と飲みたい一本」はどれ?

みんなの飲みたい一本
白霧島 黒霧島 赤霧島

3本の中から飲みたい一本をお選びください。

  • 白霧島
  • 黒霧島
  • 赤霧島

あなたが「この料理と飲みたい一本」はどれ?

みんなのおすすめの飲み方
ロック 水割り お湯割り

3種類の飲み方からおすすめを一つお選びください。

  • ロックで
  • 水割りで
  • お湯割りで

このページを共有・ブックマークする